CONTENTS

INFORMATION

専門職を手段に働き方をコントロールする

世の中では、就職氷河期と言われた時代かありました。その辺から手に職があれば好きな事で一生楽しく働き続けられる!という専門職ブームの始まり。

女性が転職を考えた時。
出産、育児がひと段落した時。
「好きな事や興味のある事を仕事にできれば楽しいかも!」とワクワクします。

私の専門職はネイルです。
ネイルを仕事にしたいと思ったのは
・美容業界は華やかで楽しそう。
・手に職があるから一生働ける。
・自宅ネイルサロンに憧れる。
・好きな事を仕事にするという満足感や充実感がある。
ネイルという職業に憧れる入口は、大体こんな感だと思います。

みんな最初は、こんなに楽しそうで素敵なイメージでネイリストを目指すのに、実際ネイル業界の離職率はとても高いのが残念です。
好きな事を仕事にしたのに、ネイリストとして一生働き続ける事が可能なのか、それが幸せなのか「?」疑問を感じてネイリストを辞める人が多いのです。

ネイル業界を去るネイリストは
・過酷な労働環境。
・安定しない収入。
・女性の環境の変化に対応出来ない働き方。
自分が思っていたような働き方ができなかった、こんなはずじゃなかったと言って辞めていきます。

入口と出口のギャップにびっくりです。

私はというと、今年ネイリスト歴17年目。一緒に働く人や環境にも恵まれ、結婚、出産、育児も経験し、働き方もコントロールしながら、現在もネイリスト歴は更新中、これからもネイルに携わって仕事をしていきます。

この違いは何なのか!?
私は、運が良かったのでしょうか(笑)

ただ言えるのは、ネイルスキルのみを磨くだけで、ここまで来る事は絶対に不可能だと断言します。

ネイルスキルは大切です。がネイルを通して技術よりも大切なもの、人生の財産になるものが学べる事に私は気付きました。ネイル業界を去る人は、目先の損得しか考えずにネイリストを辞めていきます。ネイルの仕事は過酷で給与も安いと決めつけます。働き方をコントロールして、労働に見合った収入を得ている人もたくさんいるのに。

ネイル業界に限らず、どの業界でも私と同じように好きな事を仕事にして対価を得ることを継続できる人は自分の環境、人間関係、仕事に対する姿勢全てにブレなく自分を持ち続ける軸があるのだと思います。
それは元々あったものでもなく、働き続けている中で視野を広く、業界で長く働く為に必要なものは何なのかを常に意識してきたからです。

国のルールと会社のルール

日本には様々な働き方があります。自分にとって幸せな人生を送れる働き方を選択できるのが今の日本です。

私はアルバイト、正社員、契約社員、起業を経験し、最終的に「起業」という働き方を選択しました。

私の社会人デビューが18歳の時、恥ずかしい話ですが会社で雇用されている時は、国のルールや会社のルールなんて考えた事も無く。

税金、法律関係はどこか他人事…自分が住んでる国の事なのに。
勤めている会社が、赤字なのか黒字なのかも気にした事がなく毎月決められた仕事さえしていれば給与が貰える…それが普通、当たり前なのだと本気で思っていました。

社会人5年目の時に、私の無知は「漠然とした不安」になりその後、起業した時に私の無知は「コスト」になりました。
・無知=漠然と不安。
・無知はコスト。

私は「起業」という働き方を選択して色々な事に気づかされました。

自分の不安や焦りは、環境や誰かのせいにしたり、何かに依存したり、スキルばかりを磨き、それが未来に繋がるのだと信じれば楽になれる。目の前の事に集中すると「私は頑張っている」と自分が納得できるから、利益優先や自己中心的になっている事に気付かないもの。
そんな身勝手な人間と「一緒に仕事がしたい」とは誰も思わないはず。

働き方のチョイスは人それぞれ、どんな働き方や職業であろうと納得できる自分の未来を描く働き方を選択する過程に「世の中の仕組みを知る事」はとても重要で切り離せないもの。
「世の中の仕組みを知る事」は私の環境、人間関係、仕事に対する姿勢全てにブレない自分を持ち続けることができる軸になりました。

Page Top